×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レッドバロンはあいおいの保険代理店

あいおい損保は、2010年(平成22年)10月のニッセイ同和損保との合併により現在では「あいおいニッセイ同和損保」になっています。

合併する前のあいおい損保にはセイフティーツーリングというバイク専用の任意保険がありましたが、合併を機にこの「セイフティーツーリング」は廃止されたようです。

合併後のあいおいニッセイ同和損保にはバイク専用の任意保険はありません。

でも、バイク向けの任意保険の一切を廃止した訳ではなく、よく調べると自動車保険の一部として残しているようです。

具体的には「TOUGH・クルマの保険」という自動車保険に「2輪契約」という形でバイクの任意保険に対応しています。

自動車保険の「車の用途車種」に原付と並んで「自家用二輪自動車」の区分があります。

つまり、正確に言えばバイク保険というよりも自動車保険の2輪契約と言った方がいいでしょう。

合併前の「セイフティーツーリング」では保険料の高い順から人身障害プラン、搭乗者傷害プラン、節約プランの3タイプがありましたが、自動車保険のバイク版のようになった現在では人身障害も搭乗者障害も自由に選べるためコース分けをする必要がなくなったのかも知れません。

バイク向けの2輪契約の特徴としては、「35歳以上補償」(35歳以上だと保険料が割安になる)が適用されないようになっており、こんなところで4輪自動車との差別化を図っているようです。

公式サイトにはネットから保険料を試算できるページがありますが、二輪では試算できませんでした。

補償内容などでは特別他社と異なった特色はありませんが、ロードサービスが無料サービスだけでは不十分であり、事故・故障時の帰宅費用、ホテル費用、車両搬送などを望む場合はそのための特約を追加する必要があります。

この点はダイレクト系のバイク保険に比べはっきり見劣りする部分です。

あいおいニッセイ同和損保の口コミ・評判などについて次のサイトが参考になります。

http://www.nandemo-best10.com/f_money-hoken-car/z41.html

http://www.ecarhoken.com/commu1002/message_62



※ちょっとお耳を拝借
軽自動車を高く売りたいならディーラー下取りは避けましょう。
値落ちの小さい軽自動車が相場と関係のない下取査定額で評価されるのは本当にもったいないことです。
できるだけ多くの買取業者に査定してもらい最高額で売りましょう。

<当サイトのメニュー>
ホームあいおい損保のバイク保険チューリッヒのバイク保険富士火災のバイク保険
アクサダイレクトのバイク保険三井ダイレクトのバイク保険三井住友海上のバイク保険


このページの先頭へ