×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自由設計のできるバイク保険…富士火災のバイク保険

富士火災は、国内資本系損保としては初めてバイク保険に無料アシストサービス取り入れた会社として注目を集めた経緯があるそうです。

話題になっただけに、このアシストサービスが富士火災のバイク保険の人気のポイントになっているのかもしれません。

ネットのバイク保険のランキングでもアクサダイレクトや三井ダイレクトなどと並んで上位になっているのも結構見かけます。

富士火災のバイク保険の特徴は、ドライバー一人ひとりに合った補償内容の「自由設計」ができることです。

対人賠償、対物賠償、人身傷害、搭乗者傷害などの補償から自分のライフスタイルに合った組み合わせを選ぶことができます。

二人乗りはしないから人身障害は付けずに搭乗者障害にしようなどという選択ができるということです。

まあ、そうは言っても今では当たり前のことになったかもしれませんね。

パッケージになった補償内容鹿選べないよりはましだということになります。

ちなみに各補償の適用範囲は次のようになっています。

<対人賠償責任保険>
バイクを運転中に他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負担する場合の補償

<対物賠償責任保険>
バイクを運転中に他人の財物に損害を与え法律上の損害賠償責任を負担する場合の補償

<人身傷害補償特約>
事故により契約バイクの運転者や同乗者が死亡したり身体に傷害を被った場合、過失割合にかかわらず(つまり示談成立前でも)実損額を補償

<搭乗者傷害保険>
契約のバイクに乗車中の方が自動車事故により死傷した場合に限度額の範囲内で定額で補償

なお、24時間365日受付の「緊急アシストサービス」の内容は次のようになっています。

・事故や故障の際のレンタカー・タクシーの紹介・手配

・ホテルの紹介・手配

・修理工場の紹介・手配

・事故・故障時の応急処置方法などのアドバイス

・24時間営業のガソリンスタンドの情報提供等のアシストを行う情報サービス



※閑話休題・・・車のお話
バイクの場合は過走行などという概念があるのでしょうか。
四輪の場合、10万キロ超したらやはり多走行、あるいは過走行といわれるでしょう。
多走行車の売却は一括査定でなければ値を付けるのは難しいでしょう。

<当サイトのメニュー>
ホームあいおい損保のバイク保険チューリッヒのバイク保険富士火災のバイク保険
アクサダイレクトのバイク保険三井ダイレクトのバイク保険三井住友海上のバイク保険


このページの先頭へ